【マイクロラーニング】導入を成功させるための方法

本記事では、マイクロラーニングの導入を成功させるための方法についてご紹介いたします。

マイクロラーニングを導入する前に

学習と実践を組み合わせることができるマイクロラーニングは、様々な教育場面で活用できるため、効率的かつ効果的に人材育成を進められると考えられます。ですが、ただ導入するだけではうまく活用することはできません。

では、どのようにしてマイクロラーニングを導入すればよいのでしょうか?

マイクロラーニング導入のプロセス

マイクロラーニング導入を成功させるためには、以下のプロセスに沿って進めると良いでしょう。

1.現状分析

まずは現状分析を行い、自社の問題点を整理・把握し、問題を解決するための課題を抽出します。
この分析が十分でないと、本来の目的と学習の方向性にずれが生じてしまいます。

2.目標設定

次に、現状分析で抽出した課題に対して、課題の重要度や優先度を勘案して目標設定を行います。
抽象的な言葉ではなく、具体的な数値で明確に定めることが重要です。

3.教材作成

どのような教材をどのような形態で学習者に提供するかを決め、学習教材を作ります。
具体的な利用シーンを考えながら作成しましょう。

4.運用および改善

学習開始後は、学習者の受講率や効果などを測定し、PDCAサイクルを回します
また、いくら良質な環境を整えようと、学習者のモチベーションが維持できなければ、継続的な学習をさせることは不可能です。学習者の視点で考え、どのようなニーズがあるのかを把握するようにしましょう。

まとめ

マイクロラーニング導入を成功させるためには、
「現状分析」「目標設定」「教材作成」「運用および改善」のプロセスが不可欠です。
プロセス実施後は、PDCAサイクルを回し、改善の余地がないか確認するようにしましょう。

当社でも、マイクロラーニングツールを提供しております。
当社の製品にご興味があれば、お気軽にお問い合わせください。

(当社の製品はこちら)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です