こんな課題はありませんか?

✓ 離職率が高い

✓ スキル定着率が悪い

✓ 管理職のマネジメントがうまくいっていない

✓ コミュニケーションが業務に支障をきたしている

✓ デジタル化が進められない、どこから手を付けてよいかわからない

✓ 社内文化を変えたいがどうしてよいかわからない

✓ リモートワークが進まない/導入を考えている

✓ 後継者がいない/だれに託せばよいかわからない

HR専門家・データアナリストが全面的にご支援いたします!

世界最大のHR団体CIPDから認定を受け、数多くの人事/HR施策プロジェクトを牽引してきたメンバーが参画します。

ご支援領域

下記の領域で、貴社の課題を抽出・解決いたします!

各サービスの詳細は、以下の画像をクリックしてください

HRM推進室 部門紹介

IT×会計×人事領域で経営を支えるコンサルティング会社として創業20周年を迎えました。日本で、「ありそうで無かった」採用から退職までの一気通貫した人事領域をカバーすべくHR推進部を創設し、日本初のイギリス式HR資格保持コンサルタントによる人事施策支援を行っております。また昨年より、コミュニケーション学の権威である慶應義塾大学井上逸兵教授との連携で従業員調査・コミュニケーション診断を開発し、企業様の「課題原因精査」を行っております。

当部署は、採用から退職までの雇用サイクル (下記の図参照)の中で垣間見える課題の追求をスピーディーにかつ徹底的に行い、それに応じた人事施策の見極めと導入そして効果検証を行っております。この工程を繰り返し行うことで、Status Quo (現状維持)に満足することなく、常に改善、イノベーションを持続的に起こす組織へと変貌することが可能になります。

近年は、「パンデミック」や「DX化」「AIの急促進」などの影響下で変化のスピードが加速しており、我々のライフスタイルや働き方そして労働市場そのものがドラスティックに変化してきました。このスピードや変化に対応できるAgile (機敏)な組織構築には現状を常に俯瞰し、課題の可視化またその原因を追究することが生存にクリティカルとなります。

課題の原因をうやむやにせずに、追究するお手伝いをさせていただきます。

実績事例

・英国エアライン会社様のエンゲイジメント向上施策

・世界最大級のEC系企業様のリモートワーク支援

・英国化粧品メーカー様のリテール販売員パフォーマンス多寡施策