効率的なラーニングロードマップを描き、現状維持に満足することなく変化に対応できる組織作りを実現します!

スキル開発の必要性

働き方改革やジョブ型雇用の急速な推進そしてタレントマネジメントの重要性の更なる浸透により、業務遂行に必要なスキルを効率的に学習する必要性が高まってきました。近年欧米では、予測が難しく変化の絶えないビジネス環境に適応させるため、Agile (機敏)な意思決定を行える組織体制を構築し、組織に影響力のある従業員をスピーディーかつ確実に育成するためにLearning Needs Analysis (学習には分析を)という標語がHR業界で定着してきました。

働き方改革やISOの新基準リリース、パンデミックや移民の流入による労働市場デモグラフィーの変容など我々を取り巻くビジネス環境は日々変化し、求められるスキルや知識と従業員のスキルのギャップを特定し、時にはLearning intervention (学習介入)を行う必要はあります。

ご提供サービス

・求められるスキル・知識の特定

・CIPD Asiaが提供するコースの導入と運用