【マイクロラーニング】教材作成のポイント

本記事では、教材作成のポイントについてご紹介いたします。

教材作成のポイント

教材を作成する際には、以下の3つのポイントを意識して作成することが大切です。

  • わかりやすい(受講者が内容を簡単に理解することができる
    文章のフォントや文字の大きさの文字情報、図表やイラストのイメージ情報、読みやすさや
    見やすさのレイアウト情報など、理解を促すための工夫を凝らしましょう。
  • 学習効果が高い(受講者が学習した知識を定着させやすい
    受講者が繰り返し学習しやすく、学習意欲を維持できるような仕組みにすることが大切です。
  • 更新しやすい(短時間で手間なく更新できる
    教材を作成する際は、様式を決めてから作成に取り掛かりましょう。また、作成・更新に必要なファイルの管理方法や手順をあらかじめ定めておくと、より更新しやすくなります。

教材作成のプロセス

教材を作成する際には、以下のプロセスに沿って進めると良いでしょう。

  1. 仕様書の作成
    現状分析・目標設定で明らかになった学習目的や学習対象者、学習時間、学習環境など、まずは教材の作成に必要な情報をできるだけ詳しく検討します。仕様書を作成することで、教材の完成イメージが共有できるため、作成段階での手戻り等の発生を防ぐことができたり、教材の改訂の際に前任者がいなくとも容易に改訂できたり、といったメリットが得られます。
  2. 骨組みの作成
    仕様書がまとまったら、次は学習内容の骨組みを作成します。学習内容の構成や学習範囲、学習深度など、分類・構造化を行います。骨組みを作成することで、教材の追加や修正などが容易になります。
  3. スケジュールの作成
    仕様書と学習内容の骨組みが定まったら、最後に教材の作成スケジュールを作成します。教材作成の各工程にどのぐらいの時間がかかるかを検討し、実現性の高いスケジュールを作成しましょう。

まとめ

教材を作成する際には、「わかりやすい」「学習効果が高い」「更新しやすい」の3つのポイントを意識して作成することが大切です。マイクロラーニングの教材作成は手間がかかる作業ですが、学習者からのフィードバックをもとに改善し続ければ、さらに学習効果の高いコンテンツに進化させることができます。

当社でも、マイクロラーニング製品を提供しております。
当社の製品にご興味があれば、お気軽にお問い合わせください!