弊社(SSKC)では、実際に勤怠業務でRPAを活用しており、この活用事例をまとめたPDF資料を公開しております。
ページ下部の入力フォームに必要事項を記載し、資料をダウンロードしてください。

【資料詳細】

◆タイトル
クラウド型勤怠管理システム‐jinjer(ジンジャー)×RPA‐Robo-Pat(ロボパット)SSKC 活用事例

◆目次
①クラウド型勤怠管理システム‐jinjer Web版で行っていること
②クラウド型勤怠管理システム‐jinjer Web版 運用上の課題
③RPA‐Robo-Pat(ロボパット)の活用
④まとめ

◆内容
SSKCでは、クラウド型勤怠管理システム‐jinjer Web版を活用することにより、
・月ごとの勤務時間の管理
・残業時間や、休日出勤時間の管理
・有給休暇の管理
など、労務関連業務を効率化しております。
しかし、締め処理や管理を行う管理職の作業負担が大きいという課題がありました。
そこで、RPA‐Robo-Pat(ロボパット)を活用することによって、一部作業の自動化を実現し、管理職の作業負担を軽減することに成功しました
本資料では、この2つのシステムをどのように活用しているか、ご紹介いたします。



【入力フォーム】