Voice!for HRM Vol.48 ~HRお悩み相談室開設のご案内~

日本各地でCovid-19が猛威を振るう現在、様々な企業でヒトの働き方や仕事の進め方、社内コミュニケーションの在り方そして人事の果たすべき機能が見直されてきました。ヒト (=従業員)は組織の心臓であり、企業にとって最も貴重な資本です。この厳しい環境下で競争優位を保つためには、人的資本を適切に管理すること(Human Resource Management)が不可欠です。組織のパフォーマンスを向上させるためには、従業員のAbility (能力)、Motivation (やる気)そしてOpportunity (機会)がバランスよく保たれることが要求されます。コロナ禍では、能力開発やその機会をなかなか与えられず、その結果やる気が低下し、退職してしまうといったことがよくあります。

2020年にアジア圏は正式に不況時代に突入し、その余波は様々な業種業態に波及してきました。全ての企業が物理的・経済的に厳しい環境下に置かれています。このような環境下で競争優位性を発揮できるか否かは「ヒトの管理」つまりHRMの器量にかかっているといっても過言ではありません。例えば、オフィス勤務を行う従業員の心理的安全性の欠如はやる気やロイヤリティの低下につながり、その結果優秀人材の流出や生産性低下につながることがあります。「管理のしやすさ」という観点ではなく、AMO理論から見た「人的資本最適化」に注力を行うべきです。

本お悩み相談室では、グローバル企業でHR HeadやCHROを歴任してきた弊社のHRコンサルが、HR/人事機能に関するお悩みに約一週間でお答えいたします。人事機能とは、採用・選考、オンボーディング・初期研修、能力開発、評価、昇格 (降格)、報酬、リテンション、退職、企業風土(文化)と多岐に渡ります。国内外の事例を交えながら、貴社のケースに最適なアドバイスないしはソリューションをご提供致します。

※弊社は過去の事例や研究結果をもとにコンサルタントとして助言を行いますので、社会保険や法律、税の観点からのご質問にはお答えかねますのでご了承ください。

(D.S)