30人の会社のテレワーク Vol.20 ~代表杉本寄稿:アフターコロナ禍・危惧すること~

「9か月経過した今日、通常業務には支障なく事業が行われています。」(第1回参照)

正しい指示の元優秀な人財をもってすれば業務(作業)は問題なく遂行できることが証明できました。

さて、ここで危惧することはアフターコロナ禍、ワンランクアップしたスキルです。

仕事は必ずしも明確、適格な依頼ばかりではありません。

通常時の仕事環境であれば、事務所において四方八方からさまざまな情報が聞こえてきます。
クライアント様との電話による会話、社内の会話など無意識に聞こえてくる会話から得られる情報、知識、気づきがあります。
若手社員には必要不可欠な経験です。

前出の 「業務依頼と言う名の元部下が満足するチャレンジを与えること」

キャリアアップ、成長も意識させ、チャレンジを与え続けるマネジメント力が必要不可欠になります。

弊社の優秀なマネージャの手法をご紹介します。

日々の在宅ワークにおいて、クライアント様とのサポート業務に新入社員、若手社員がWeb会議に参加し、場合によっては会話をただ聞いているだけ。
クライアント様と上司との会話をただ聞くことにより、通常の事務所による環境と同じです。

当然クライアント様のご了解をいただいてのことです。

また、定時上がり前にWeb会議において当日の総括をする。などによりフォロー、サポートをするマネジマントです。

日々研鑽するマネジメント、当該スタッフによる在宅ワークが順調に進行しています。

次なる課題は更なるDXの推進とコンサル力Up!です。

(S.S)


働き方改革の実行には、ITの利用が必要不可欠!
当社のIT支援サービスをぜひご利用ください。
※Webページは「自動車販売店様向け」となっておりますが、自動車販売店様以外へのIT支援サービスも行っております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です