30人の会社のテレワーク Vol.44 ~セキュリティアクション二つ星を宣言しました~

先週実施した「テレワークで“人財”と“情報”を守る5つのポイント」

前半では「テレワークで“人財”を守る」をテーマにテレワークの始め方、テレワーク下でのコミュニケーションについて、お伝えいたしました。

後半では「テレワークで“情報”を守る」をテーマに「テレワーク下でのセキュリティ」について、LRM株式会社の川島様にご講演いただきました。

テレワーク2年目に入り、当社ではセキュリティアクション二つ星を宣言しました。

セキュリティアクション 二つ星宣言の手順

①セキュリティ自己診断

IPAのホームページで公開されている情報セキュリティ自社診断を実施します。

Part1:基本的対策(5問)、Part2:従業員としての対策(13問)、Part3:組織としての対策(7問)に「実施している」「一部実施している」「実施していない」「わからない」の4段階で回答します。 各設問に対して解説と対策例も公開されていますので、自社診断の結果、不十分だった項目について対策を講じていくことにより、自社セキュリティの見直し・強化につながります。(解説と対策例が載っている資料はこちらからダウンロード可能です。)

②情報セキュリティポリシー(基本方針)の作成

情報セキュリティに対する基本ポリシーを設定し、ホームページ等で公開します。

IPAのページでひな形が公開されています。

当社の情報セキュリティルール、PMS基本方針との整合性を確認し、当社ではひな形をベースに策定させていただきました。

引き続きテレワークを実施します!

弊社では、セキュリティにも留意しつつ、引き続きテレワークを継続していきます。

テレワークについて、HRの観点から記載した記事もありますので、ぜひご覧ください。

緊急事態宣言下で政府は「出社率7割減」を掲げ、テレワークの普及を促進してきました。我が国におけるワクチン接種率(一回目)は7月31日時点で38.43%となり、菅首相が目標としていた7月までに5割(参考:https://www3.nhk.or.jp/news/special/coronavirus/vaccine/)には届かず、8月下旬までに6割の接種を終えるとの新たな目標を発表しました。・・・・

https://www.ssk-com.co.jp/voice-for-hrm/5964/telework-covid-19-vaccine/


中小企業様向けにテレワーク支援事業も行っております。

また、テレワークに役立つ動画まとめページを開設しました。
助成金/補助金 受給のポイントをまとめた動画もございます。
ぜひご覧ください。