【マイクロラーニング】ハラスメント教育をマイクロラーニングで行うメリット

2020年6月より、改正労働施策総合推進法が施行されたことは記憶に新しいと思います。
この法律では、職場におけるハラスメント対策を企業に義務付けています。現在は大企業のみ適用されていますが、2022年4月より中小企業にも適用されることになっています。

本記事では、ハラスメント教育をマイクロラーニングで行うメリットについて、ご紹介いたします。

ハラスメント教育の重要性

ハラスメント教育の目的は、従業員がハラスメントを正しく理解し、社内全体の認識を統一してハラスメントを未然に防止することです。どのような行為がハラスメントにあたるのかを社内で明確にすることで、ハラスメントの発生率を下げることできるため、管理職だけでなく、全従業員に対して定期的にハラスメント教育を行い、意識を高めることが重要です。

ハラスメント教育をマイクロラーニングで行うメリット

ハラスメント教育にマイクロラーニングを用いるメリットとして、以下が挙げられます。

・時間や場所を問わずに学習できる
 マイクロラーニングの学習時間は5分程度と短く、すきま時間で学習することができます。
 また、モバイル機器で取り組めるため、学習の習慣化知識の定着化がしやすいと言えます。

・学習の進捗状況を一元管理できる
 煩雑である学習者一人ひとりの進捗状況をシステム上で一元管理することができます。

・コスト削減ができる
 マイクロラーニングの教材はコンパクトなため、コンテンツの作成や更新が簡単です。
 また、教育担当者の手間時間を削減することができます。

まとめ

ハラスメントの発生を防止するためには、全従業員のハラスメント意識の向上社内全体の認識統一が不可欠です。教育に時間と費用をあまりかけられない、学習者の進捗状況管理に悩まれているという方は、マイクロラーニングを導入してみてはいかがでしょうか。

当社では、低価格でご利用いただけるマイクロラーニング「らくらくstudy」を提供しております。
2週間の無料トライアルもございますので、ぜひお試しください!