30人の会社のテレワーク Vol.24 ~中小企業様向け テレワークコンサルティング~

当社がテレワークを始めて、もうすぐ1年が経ちます。2020/4/7の緊急事態宣言以降、本社従業員はほぼ社長と総務経理以外、全員、テレワークを継続中。現在、テレワークの継続・拡大を目的に、社内のDX化を推進中です。

テレワークのメリットは感染症対策だけではありません。

働き方改革が進んでいる今、柔軟な働き方ができるかどうか?ライフステージに合わせて働き方を変えることができるかどうか?ということが、人々が会社を選択する基準になってくるでしょう。当社のHRM推進室でも標榜していますが、ヒトは重要な経営資源です。テレワーク制度の有無が人材確保に直結してくると言っても過言ではないでしょう。働き方改革の推進・採用力の向上、という観点からもテレワークは有効です。

また、会計・財務面においてもメリットがあります。

テレワーク導入当初は、機器や機材の購入が必要になり、初期費用はかかりますが、テレワーク導入により下げられるコストもあります。例えば、従業員の通勤費・オフィスの維持費・光熱費など、月々の固定経費の削減も可能になります。実際に当社では、テレワークにより削減された経費を利用し、オフィスのリニューアルを行ったり、遮蔽版等の感染症対策費用に充てたりしています。テレワークを実施することは、財務面でもメリットを生みます。

「テレワークを実施したいけれど、どこから手を付ければよいのかわからない」
「うちの会社でもできるかしら?」
「テレワークを実施したいけれど、推進する人材がいない!」
「機材がない!」
というような課題や懸念を抱えている企業の方は多いのではないでしょうか?

当社では、自社のテレワーク成功体験を元に、中小企業テレワーク支援事業を立ち上げました。

2021/4/30までにお問い合わせをいただいた方を対象に、助成金・補助金に関する資料提供・簡易アドバイスも実施しております。お気軽にお問い合わせください。

働き方改革の実行には、ITの利用が必要不可欠!
当社のIT支援サービスをぜひご利用ください。
※Webページは「自動車販売店様向け」となっておりますが、自動車販売店様以外へのIT支援サービスも行っております。